2017年02月22日

一つ 

一つ 

人間、多くの事に手を出したくなる。

でも、まずは今「為すべきことを成す」ことに絞り、

余計な事には手を出さない。

一つの事を出来ずに次が出来ることは少ない。

やるなら準備と計画をしっかり組んでから行う。

思い付きで行っては成功しない。

畑に蒔いた作物の種に、

また次の種を蒔いて育てると同じ。

畑は自分自身の心。

二つや三つ蒔いた心の畑に作物が、

順調に育つであろうか。

蒔くならば他の畑にすべきであろう。

まずは心の畑に一種の種を蒔き、育て、

実りある作物まで育てることが大事。 

***********************
純庵著 心学書 「天命」
全国書店にて発売中! 1400円税別
アマゾンにても販売中 
https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910 

***********************
心学者 円 純庵著 「天命」 出版記念講演  
「自分の人生を生きる」「何が自分を苦しめるのか」
日時  2月25日 土曜日 午後2時〜4時  
会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所
詳細は日本心学院 
https://www.facebook.com/nihonshingakuin

DSCF2996.JPG
posted by 純庵 at 04:45| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

観る 

観る

人の長所や短所を観る。

仁徳に欠ける人間は短所を探し、

周囲に吹聴する。

いつも仁徳を修める人は長所や短所を、

自分に省みては多くの人から学ぶ。

短所を探す人間は、自分自身の短所を知っている為、

一層他人の短所を探し、自分を優位に感じたい。

仁徳を修める人間は自分の短所を知っているから、

そこを埋めようとする。

それを「積む」と云う。

「徳を積む」とは自分に徳がまだ少ないので、

心を改めて、学問を修め、仁徳を積むことである。

誰しも完璧な人間はいない。

自分を磨き、学問を修め、常に心は平安でありたい。

***********************
純庵著 心学書 「天命」
全国書店にて発売中! 1400円税別
アマゾンにても販売中 
https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910 

***********************
心学者 円 純庵著 「天命」 出版記念講演  
「自分の人生を生きる」「何が自分を苦しめるのか」
日時  2月25日 土曜日 午後2時〜4時  
会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所
詳細は日本心学院 
https://www.facebook.com/nihonshingakuin

IMG_0529.JPG
posted by 純庵 at 05:40| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

切れる

切れる 

よく会話や行動で「切れる」と云う言葉を聞く。

何が切れるのであろうか。

それは「心の糸」、

社会や人間関係から栄養を摂る為にある「心の糸」

この糸が多くの栄養分を吸い上げ、

心を成長させるが、

あまりにも細い為に切れてしまう。

他人はその人を少しでも太くしようと助言や忠言をするが、

自ら糸を切り、栄養を摂ることを拒否する。

糸は管状になっており、人によって太い細い、

長い短いもあるが、すべては長い年数掛けて、

自分自身が創ってきた管の糸。

心の修養修徳によってこの糸の太さは変わる。

切れるか切れないかは人の所為ではなく、自分自身の心。

***********************
純庵著 心学書 「天命」
全国書店にて発売中! 1400円税別
アマゾンにても販売中 
https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910 

***********************
心学者 円 純庵著 「天命」 出版記念講演  
「自分の人生を生きる」「何が自分を苦しめるのか」
日時  2月25日 土曜日 午後2時〜4時  
会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所
詳細は日本心学院 
https://www.facebook.com/nihonshingakuin

2FEC4485-FF7E-42A0-BFD7-4195EA001592.JPG
posted by 純庵 at 05:26| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

噂 

噂話が好きな人間は多い。

いつの時代も人の噂は絶えない。

しかし、過去を観れば、噂話で幸福になった人、

金持ちになった人はいない。

それどころか、噂好きな人間はいつの間にか消えている。

そこに心の原点である「仁・義・礼・智・信」五徳が欠け、

周囲の人が去っていくからである。

他人の噂はやがて自分の噂になると思うから、

離れようとする。

心学の実践である「余計なことを言わない」を心掛け、

人の噂や悪口などは慎む。

自分の言葉は自分自身の心である。

心学で何度も書いたり言ったりするのは、

心の大地が枯れてしまわないように、

水を与えると同じなのです。

***********************

純庵著 心学書 「天命」
全国書店にて発売! 1400円税別
アマゾンにても販売中 
https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910 

***********************
心学者 円 純庵著 「天命」 出版記念講演  
「自分の人生を生きる」「何が自分を苦しめるのか」
日時  2月25日 土曜日 午後2時〜4時  
会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所
詳細は日本心学院 
https://www.facebook.com/nihonshingakuin

IMG_0485.JPG
posted by 純庵 at 04:28| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

いじめ

いじめ 

いじめの始まり。

誰しも幼児期はあり、

いつの間にか、人をいじめる心が芽生えた。

どこにその種があったのだろうか。

家庭か、保育園か、幼稚園か、小中高学校か、

それを監視出来たのは家族ではなかったのか。

幼児期や青少年の頃は「いじめ」の感情は持ち易い。

しかし、それが他人の命を脅かす「いじめ」は、

人間的、法的にも問題であり、

被害者、加害者は一生苦しむことになる。

今、いじめは社会的な問題になっている。

いじめは「恕」仁徳の欠如である。

恕 じょ(己が欲せざるところ 人に施すなかれ)、

仁徳教育と家庭教学の見直しと実施が必要な時代。

***********************

純庵著 心学書 「天命」
2月17日金曜日 全国書店にて発売! 1400円税別
アマゾンにても販売中 
https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910 

***********************
心学者 円 純庵著 「天命」 出版記念講演  
「自分の人生を生きる」「何が自分を苦しめるのか」
日時  2月25日 土曜日 午後2時〜4時  
会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所
詳細は日本心学院 
https://www.facebook.com/nihonshingakuin

IMG_0171.JPG
posted by 純庵 at 04:26| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

教える 

教える 

人に教えることは時間を要する。

人に教える立場の人間はまず「教学」を修めること。

教学とは数種の意味はあるが、

仁徳学で云う「教学」とは、

自分が人に教え、その教え方を再度自分で省みて、

その出来不出来を再度学ぶこと。

人に教えるからこそ、学ぶことが出来る。

学んだだけでは自分を修養することは出来ない。

自分を省みて、さらに自分自身から学ぶ。

自分の力を自身が観て、自分を育てる。

人に教えることは、自分を育てること。

その基本が「家庭での教学」である。

我が子に教え、自分自身が育ち、心の学びとなる。

親子で育つ教学こそが、真の家庭教育である。

***********************

純庵著 心学書 「天命」 本日販売!
2月17日金曜日 全国書店にて発売! 1400円税別
アマゾンにても販売中 
https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910 

***********************
心学者 円 純庵著 「天命」 出版記念講演  
「自分の人生を生きる」「何が自分を苦しめるのか」
日時  2月25日 土曜日 午後2時〜4時  
会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所
詳細は日本心学院 
https://www.facebook.com/nihonshingakuin

IMG_0080.JPG
posted by 純庵 at 04:14| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

好悪 

好悪 

人間、誰しも好悪の感情を持つ。

持つのは当たり前である。

しかし、人は互いに観ている自分の感情を。

好悪の感情、好きな相手と嫌いな相手。

好きな相手を貶すことはないが、

嫌いな人間は批判し悪口を言う。

人間としての人徳は「心に起きた感情」を、

出すか否かである。

人間、誰しも口にしたい感情を持つが、

その口に出したことで最も悪く思われるのが、

自分自身であることに気がついて欲しい。

他人の悪口を言えば、気持ちは良いかもしれないが、

その自分が次の悪口の対象になり、

いつかそれが自分自身に聞こえ、

嫌な思いをすることになる。

***********************
純庵著 心学書 「天命」
2月17日金曜日 全国書店にて発売! 1400円税別
アマゾン 先行予約中!!
https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910

***********************
心学者 円 純庵著 「天命」 出版記念講演  
「自分の人生を生きる」「何が自分を苦しめるのか」
日時  2月25日 土曜日 午後2時〜4時  
会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所
詳細は日本心学院 
https://www.facebook.com/nihonshingakuin

IMG_1974.JPG
posted by 純庵 at 06:16| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

会話 

会話 

人との会話で互いの人格が観える。

外見は見えても、心は見えない。

しかし、会話は心の中から多くの真偽が出て来る。

それは自分の耳を通して、

心で観ることが出来る。

初めは真と観えても、やがて真ではなく、

偽であることが現実となって表れて来る。

会話の基本である心に蒔いた真偽の種は、

その人の言動によって現実となる。

心にないことは言わぬ方が良い。

ないものは「根も葉もない嘘」である為に、

虚実となって現れ、真実ではない「実」となる。

人間の心はまさに植物の生態と同じ。

それを哲学的に表現したものが「漢字」である。

真実と虚実の字を見れば分かるはず。

***********************

純庵著 心学書 「天命」
2月17日金曜日 全国書店にて発売! 1400円税別
アマゾン 先行予約中!!
https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910

***********************
心学者 円 純庵著 「天命」 出版記念講演  
「自分の人生を生きる」「何が自分を苦しめるのか」
日時  2月25日 土曜日 午後2時〜4時  
会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所
詳細は日本心学院 
https://www.facebook.com/nihonshingakuin

IMG_1968.JPG
posted by 純庵 at 04:19| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

知足 

知足 

今あるものを十分使い熟し、

余計なものや無駄なものを必要としない。

必要なものは必要として得る場合はあるが、

十分考慮した上で動く。

衝動的や鬱憤解消で動かない。

いつも冷静で、何事も「間」を置いてから、

必要不要を見極め行動する。

「足るを知る」は自分の心を落ち着かせ、

知恵を働かせ、無駄を防ぐ心の妙薬である。

ただ、人間どうしても衝動的に動き易い。

そのためにも余計な「時間」と「金銭」を持たぬこと。

自制心が弱い人間ほど、

余計な「時間」と「金銭」を持たない習性をつけ、

すぐにあきらめる癖をつける。

要不要がわかる修養を心掛けよう。

***********************
純庵著 心学書 「天命」
2月17日金曜日 全国書店にて発売! 1400円税別
アマゾン 先行予約中!!
https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910

***********************
心学者 円 純庵著 「天命」 出版記念講演  
「自分の人生を生きる」「何が自分を苦しめるのか」
日時  2月25日 土曜日 午後2時〜4時  
会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所
詳細は日本心学院 
https://www.facebook.com/nihonshingakuin

IMG_0172.JPG
posted by 純庵 at 04:30| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

善行 

善行 

人間として社会に善の行いは素晴らしことである。

しかし、善行を心掛けでも普段気軽に出来るわけでもない。

社会奉仕や慈善事業も尊いことである。

これも気軽には出来ない。

時間や費用を要する。

仁徳の基本は「社会や他人に迷惑を掛けない」こと。

善行は基本であるが、

その前に他人が嫌がることをしない、

他人に嫌な思いはさせない。

社会に迷惑を掛けない、

これらを実践し仁徳を修める。

まずは恕 じょ(己が欲せざるところを人に施すなかれ)、

仁の実践である恕を修めること。

善行の基本、まずは恕から始める。

***********************

純庵著 心学書 「天命」
2月17日金曜日 全国書店にて発売! 1400円税別
アマゾン 先行予約中!!
https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910

***********************
心学者 円 純庵著 「天命」 出版記念講演  
「自分の人生を生きる」「何が自分を苦しめるのか」
日時  2月25日 土曜日 午後2時〜4時  
会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所
詳細は日本心学院 
https://www.facebook.com/nihonshingakuin 

恕額02.JPG
posted by 純庵 at 04:08| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする