2017年08月20日

修行 

心学「修行」

修行は「修養を行う」こと。

修養とは心に徳を積む日々の言動と学問。

宗教的厳しい修行もあるが、

普通の人間ならば人間関係の中に修行があり、

自分自身の言動にも修行の教材が盛りだくさんある。

ただ、それを無駄にして、修養を無視する人間が多い。

でも、それは本人が悪いわけではない。

「修養を行う」ことを知らないだけである。

人間、生きていれば多くの喜怒哀楽があり、

それなりの経験をしているはず。

修養とは自分自身を省みて、自分を更に育てること。

その為にも多くの経験を無駄にせず、

自分自身の仁徳を高める修養を心掛け、

過去から大いなる栄養を得たいものである。

****************************

第六回 「心学」講座 「心と根性」と「心を語る」とは

根性の「根」と「性」は? どうすれば根性は強くなる。

日時 8月26日 土曜日 午後2時〜4時  受付1時45分 

会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所 会費 3000円

詳細は心学「イベント」https://www.facebook.com/shingaku001/

IMG_0663.JPG
posted by 純庵 at 06:46| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

否定 

心学「否定」

他人の意見を頭ごなしに否定する人間。

最後まで話を聞かず否定する。

最後まで聴いて、内容を把握し、

忠言するならば相手も理解し易く、

もめることも少ない。

しかし、頭ごなしに否定する人間は、

他の人間より聴く「心の器」の容量が足りない。

小さい器の為に、途中で遮らないと器から溢れる。

自分自身の器を確かめられるのは、

他人の意見を聴く時の姿勢である。

すぐに否定し易い人間なのか否か、

それは自分自身が最も分かる。

もし、否定し易いと思うならば、

心の質量を大きい器を造る為に、

黙って聴く修養を行う。

****************************

第六回 「心学」講座 「心と根性」と「心を語る」とは

根性の「根」と「性」は? どうすれば根性は強くなる。

日時 8月26日 土曜日 午後2時〜4時  受付1時45分 

会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所 会費 3000円

詳細は心学「イベント」https://www.facebook.com/shingaku001/

人生の  波に揉まれて  角消える.jpg
posted by 純庵 at 03:46| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

立徳 

心学「立徳」

人生で徳の意識が立つ好機は、

教育と経験である。

幼い頃から「徳育」を受け、徳行を実践した人間。

これは肉親や周囲の人間の徳に依る。

また、人生で多くの経験をして、

徳の必要性に目覚め、自ら修徳した人間。

現代では後者の方が多いかもしれない。

しかし、それも極一部の人間でしかない。

徳がなくとも積まなくとも生きてはいける。

修徳や積徳は個人の自由。

でも、そのような人間と会った時、

円やかな人間性に惹かれる。

いつも荒々しく驕りたかぶる人間、

他人のことを誹謗中、妬み、僻む人間よりも快い。

****************************

第六回 「心学」講座 「心と根性」と「心を語る」とは

根性の「根」と「性」は? どうすれば根性は強くなる。

日時 8月26日 土曜日 午後2時〜4時  受付1時45分 

会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所 会費 3000円

詳細は心学「イベント」https://www.facebook.com/shingaku001/

****************************

心学者 円 純庵 著「天命」「恕」全国書店にて発売中! 
 
アマゾンにても発売中 「天命」きずな出版 1400円税別
 https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910
 
電子書籍「天命」きずな出版 1200円税込 PHP研究所 
 
恕(じょ)ひとに求めない生き方 青春出版社 1200円税別 https://www.amazon.co.jp/dp/4413039637

心学ブログ http://wanokuni-singaku.seesaa.net
アメブロ  http://ameblo.jp/wanokuni001

仁 (11).jpg
posted by 純庵 at 03:30| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

忠実 

心学「忠実」

忠実の「忠」とは自分が為すべきことを成す責務。

それを素直に成し遂げて尽くすこと。

自分の心に命じた自分の責務を自分自身が果たす。

人間としてとても大事な徳務である。

不忠の人間はそれを成さずに言い訳で逃げる。

逃げるが故に、実ることはない。

忠実も植物の生態系。

心に植えた忠の種が、花を咲かせ、実を結ばせる。

それが忠実。

真の忠実は結果論であり、過程の言葉ではない。

自分の忠実性は自分自身が最も分かる。

有言実行しているか否かは自分が知っている。

軽はずみな言動を慎み、出来ることから忠実に行い、

自分自身の信用性を大事に築こう。

****************************

第六回 「心学」講座 「心と根性」と「心を語る」とは

根性の「根」と「性」は? どうすれば根性は強くなる。

日時 8月26日 土曜日 午後2時〜4時  受付1時45分 

会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所 会費 3000円

詳細は心学「イベント」https://www.facebook.com/shingaku001/

IMG_0152.jpg
posted by 純庵 at 03:59| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

失敗 

心学「失敗」

人の失敗は自分の学びになる。

自分自身は人生劇場の主人公。

他の人間たちは脇役である。

その脇役の失敗は自分自身の栄養とし、

そのような失敗をしない予習になる。

自分の大事な脇役の失敗を吹聴するようでは、

心に「仁徳」が欠けている。

自分の失敗だって吹聴されたくないはず。

「自分がされて嫌なことは 人にしてはならない」

恕と云う仁の心があれば、決して吹聴や悪口は言わない。

人の失敗を面白がる人間は、

この仁徳教育を受ける環境がなかったのである。

決してその人間が劣っているわけではない。

心を学び問うことは人生を大きく善育する。

****************************

第六回 「心学」講座 「心と根性」と「心を語る」とは

根性の「根」と「性」は? どうすれば根性は強くなる。

日時 8月26日 土曜日 午後2時〜4時  受付1時45分 

会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所 会費 3000円

詳細は心学「イベント」https://www.facebook.com/shingaku001/

****************************

心学者 円 純庵 著「天命」「恕」全国書店にて発売中! 
 
アマゾンにても発売中 「天命」きずな出版 1400円税別
 https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910
 
電子書籍「天命」きずな出版 1200円税込 PHP研究所 
 
恕(じょ)ひとに求めない生き方 青春出版社 1200円税別 https://www.amazon.co.jp/dp/4413039637

心学ブログ http://wanokuni-singaku.seesaa.net
アメブロ  http://ameblo.jp/wanokuni001

仁 (22).jpg
posted by 純庵 at 04:45| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

暴慢 

心学「暴慢」

暴は荒々しく「仁」の心が欠けていること。

慢はおごり怠けること。

暴慢は人には荒々しく、自分自身には怠け、

自分をおごり威張ることになる。

そのような人物が好かれることは少ない。

人の性格に是非は言えないが、

人間、円やかな方が好かれ易い。

好かれれば、多くのことを学ぶことが出来、

自分が不利になった時に助けてくれる人もいる。

「俺は俺のやり方」「私は私の生き方」はあっても、

当然のことであるが、

自分自身の主張を通して、他人からの意見など、

聴く耳を持つ寛容性があっても良いはず。

「俺は俺の生き方、でも人の意見は聴く」人間は実に心が大きい。

****************************

第六回 「心学」講座 「心と根性」と「心を語る」とは

根性の「根」と「性」は? どうすれば根性は強くなる。

日時 8月26日 土曜日 午後2時〜4時  受付1時45分 

会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所 会費 3000円

詳細は心学「イベント」https://www.facebook.com/shingaku001/

****************************

心学者 円 純庵 著「天命」「恕」全国書店にて発売中! 
 
アマゾンにても発売中 「天命」きずな出版 1400円税別
 https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910
 
電子書籍「天命」きずな出版 1200円税込 PHP研究所 
 
恕(じょ)ひとに求めない生き方 青春出版社 1200円税別 https://www.amazon.co.jp/dp/4413039637

心学ブログ http://wanokuni-singaku.seesaa.net
アメブロ  http://ameblo.jp/wanokuni001

0B1A9E39-49F9-4D83-9F3E-DFF2AECFE935.jpg
posted by 純庵 at 05:07| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

存在 

心学「存在」

今、自分自身の存在は自分が創ったものばかりではない。

自分の命は両親からいただいたもの。

その両親はそれぞれの両親からいただき、

遠い多くの先祖へ遡っていく。

また、誕生以来、自分を支えてくれた肉親、

知人友人、名を知ることもない衣食住の人たち。

自分自身の存在が継続する為に、

数え切れない無数の人々がいる。

亡くなった人、縁が切れた人、別れた人、

多くの人々によって自分の人生が創られている。

これからも続く多くの人々との出会い。

全ては自分自身の為にある貴重な存在である。

それ故、自分の人生に登場する人たちへ、

「仁」の心を以って、義と礼を忘れないこと。

****************************

第六回 「心学」講座 「心と根性」と「心を語る」とは

根性の「根」と「性」は? どうすれば根性は強くなる。

日時 8月26日 土曜日 午後2時〜4時  受付1時45分 

会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所 会費 3000円

詳細は心学「イベント」https://www.facebook.com/shingaku001/

****************************

心学者 円 純庵 著「天命」「恕」全国書店にて発売中! 
 
アマゾンにても発売中 「天命」きずな出版 1400円税別
 https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910
 
電子書籍「天命」きずな出版 1200円税込 PHP研究所 
 
恕(じょ)ひとに求めない生き方 青春出版社 1200円税別 https://www.amazon.co.jp/dp/4413039637

心学ブログ http://wanokuni-singaku.seesaa.net
アメブロ  http://ameblo.jp/wanokuni001

IMG_3366.jpg
posted by 純庵 at 04:09| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

責任

心学「責任」

自分が為すべき責務を、自分が為さずして、

人の所為にする人間は、いつまで経っても、

人間的成長は有り得ない。

身体的年齢は経つので、それなりに見える。

子供の頃なら良いが、大人になって、

いつもで責任を人に求めてはいけない。

ある程度の年齢になると頭が固くなり、

他人の忠言や助言など聞く耳を持たなくなる。

植木鉢の土が固くなり、水も与えていない為に、

せっかくの種を蒔いても育たない。

わずかに名もない草が出て来るだけ。

心に柔軟性を持ち、心に水と栄養を与え、

他人からいただいた忠言や助言と云う種を蒔き、

綺麗な花を咲かせようではないか。

****************************

第六回 「心学」講座 「心と根性」と「心を語る」とは

根性の「根」と「性」は? どうすれば根性は強くなる。

日時 8月26日 土曜日 午後2時〜4時  受付1時45分 

会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所 会費 3000円

詳細は心学「イベント」https://www.facebook.com/shingaku001/

****************************

心学者 円 純庵 著「天命」「恕」全国書店にて発売中! 
 
アマゾンにても発売中 「天命」きずな出版 1400円税別
 https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910
 
電子書籍「天命」きずな出版 1200円税込 PHP研究所 
 
恕(じょ)ひとに求めない生き方 青春出版社 1200円税別 https://www.amazon.co.jp/dp/4413039637

心学ブログ http://wanokuni-singaku.seesaa.net
アメブロ  http://ameblo.jp/wanokuni001

恕ラフ.jpg
posted by 純庵 at 05:00| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

大学 

心学「大学」

大人として為すべきこと学ぶ、

それが大学の語源である。

やがて教育機関にも使われるようになった。

小学とは小人として為すべきことを学ぶ。

この学ぶとは知識や常識を含め、

自分自身の仁徳を高める意味である。

これは自分の名声や名誉を上げる為ではなく、

五徳である「仁・義・礼・智・信」を修めること。

これら「仁・義・礼・智・信」は、

自分の心を軽くし、人生を楽しく生きる道である。

人を憎まず、妬まず、僻まず、恨まず、

誹謗中傷や悪口を言うこともなく、

如何なる人からも学べる大徳であり、大学でもある。

永い道程かもしれないが、この道を歩いた方が良い。

1172837_20170729172329348115_1.jpg
posted by 純庵 at 05:00| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

頑固 

心学「頑固」

あまり頑固にこだわると「心が固く」なる。

主義主張を通すことは大切であるが、

多くの意見や方法を受け取る柔軟さも必要。

頑固の固は「古い」字がある通りに固くなる。

あまり固く成り過ぎると、物事を吸収出来ない。

何事もほどほど剛柔を持つことが良い。

まさに竹のように、中は無心無欲、

節がある為に折れ難い。

折れ難いがしなやかでもある。

植物の生態系は、人生に多くのことを教えてくれる。

その中でも竹は筆頭であろう。

竹は樹木に見えるが、草の仲間「イネ科」。

独り立ちして見えるが、地下茎でつながった組織の一員。

人間、組織、社会の見本的存在である。

***************************
第六回 「心学」講座 「心と根性」と「心を語る」とは

根性の「根」と「性」は? どうすれば根性は強くなる。

参加者の心を語る会を今回から設けました。

日時 8月26日 土曜日 午後2時〜4時  受付1時45分 

会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所 会費 3000円

詳細は心学「イベント」まで。
https://www.facebook.com/shingaku001/

DSCF2776.JPG
posted by 純庵 at 05:05| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする