2017年05月28日

努力 

心学「努力」

思うことは心の努力である。

動くことも動かないことも努力。

それは心が自分に命じる力。

心で思い、身体に命じる努力。

尽くすことも、怠けることも、

発言も黙することも努力。

一生懸命するのみが努力ではない。

何もしないことを続けることも努力。

身体に命ずる心一つで、人格や人生が変わる。

ただ、何もしない努力の中に、

他人に対して余計は言動をしない努力は時によっては必要。

自分自身の余計な言動は「しない努力」に入る。

する、しない、必要、不要、を常に考え、

如何なる努力をすべきかを修徳しよう。

terakoya2_m.jpg
【関連する記事】
posted by 純庵 at 04:23| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

山海

心学「山海」

山は自らの高さを知らない。

海は自らの深さを知らない。

人は自らの徳性を知らない。

ただ、人間のみが自分で自分の徳性に気づくことが出来る。

山は自分の山頂を積み上げることは出来ないが、

大地の変動によって高低の変化はある。

海も同じで、海底の変動によって深浅の変化はある。

人間は天命によって命をいただき、

自らの運命によって人生を創る。

自分の心が創った「自分自身」。

人間も天地自然の万法に従い生きている。

生まれ死ぬことは天命であるが、

成功失敗や幸不幸は運命であり、

自分自身が選び運んでいる。

IMG_2187.JPG
posted by 純庵 at 04:26| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

粘土

心学「粘土」

陶芸に使う粘土や陶土は良く練った方が良いと云う。

土に含まれる空気を出す為である。

「練る」、「揉む」の作業があってこそ、

作陶の仕事が出来る。

空気が含まれていると「ひび」や「割れ」が生じ易い。

人間の心も同じこと。

自分自身の心を試され練られた人間ほど強く成っている。

この試練が自分を創ってくれるのに、

その試練から逃げ、ごまかしていては、成長につながらない。

辛いのは自分だけではない、皆同じように経験をする。

違うのは逃げずに、ひたすらそれに耐え、壁を乗り越え、

心成長した自分を創るか否かである。

乗り越えた人間と乗り越えられなかった人間の違いは、

その試練に対しての責任転換と愚痴の数である。

image002062.jpg
posted by 純庵 at 04:04| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

心学「分」

自分が持つ力を「分」と云う。

自分自身の力に合った状態を「分相応」、

自分自身の力に合わない状態を「分不相応」。

自分に体形に合った寸法の服を着れば、

動きやすいが、小さ過ぎては着られない、

大き過ぎては動き難い。

自分の寸法は自分のみが最も知っているはずだが、

意外や自分の勘違いや驕りが多い。

人生、生きていれば成功失敗は多々ある。

その時々に自分自身の「分」を弁えておく。

それが仁徳の修養となり、

疲れない人生を創ってくれる。

仁徳の修養である「学問」は、決して厳しい修行ではない。

自分自身を知り、自分に合った質量の生活をすることである。
IMG_1872.JPG
posted by 純庵 at 04:25| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

心学「器」

人それぞれ心の器を持つ。

老若男女、その時々の器がある。

天性で器の大きい人間、小さい人間、

教育によって大きくなった人間、

自らの学問修徳によって大きくした人間。

学問や修徳を嫌い、小さくなった人間。

大きい器を持ったからと云って、

中に清水が少なければ、人に与える量も少ない。

小さい器だが、清水が多い人間は

人に与える量も多い。

器と中にある水の質量で人間性に差が出る。

水の水質も大事、清水は良いが汚水は誰も飲まない。

心が作っている器と水の質量。

日々、自分自身が作っていることを心すること。

DSC01118.JPG
posted by 純庵 at 04:25| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

慎独

心学「慎独」(しんどく)

独りの時こそ、自分自身が慎む時である。

誰もいない為に、我欲を抑えるのは自分の心。

他人の眼は自分を抑える力を持つが、

他人の眼がない時は自由気ままに出来る。

しかし、この独りの時は本当に独りではない。

もう一人の自分が心の中に居る。

他人は居ない、ただ自分自身が居る。

そのもう一人が如何なる意見を言うのか、

それによって自分と云う人格が創られる。

他人の前では品行方正であっても、

自分独りになった時に「我がまま」であっては、

せっかくの修養も消えてしまう。

常に「慎独」の心を忘れずに、

自分自身との対話を気をつけよう。

DSCF4141.JPG
posted by 純庵 at 04:20| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

心学「慢」

傲慢、高慢、自慢、怠慢などの「慢」。

この「慢」は「あなどる、かろんずる」の意味。

心の病で気を付けなければならない「慢」。

人間関係で諍いが起きるのが「慢」。

常に自分の心に「慢」が起きないように、

学問に修め、少しでも仁徳を高めたい。

この「慢」は心の中で育ち、大きくなった時点で、

言動となって外部に現れ、

他人に嫌な思いをさせる。

自分では自信と思ったことが、

他人の耳からすれば自慢や傲慢に聞こえることがある。

出来るだけ自分の事を控えることも大事。

本来、良い言動や自信のあることは芳しい香りとなって、

自ずと他人に伝わり、和ませるものである。
wew.jpg
posted by 純庵 at 04:27| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

和 

心学「和」

和こそ貴い心を表している。

和貴の心がまさに仁そのものである。

人や国が争うことなく、平和に過ごせる。

これを目指すのが国家の仁政であり、

個人における仁徳である。

心に仁を持つ修徳を行ない、

誰とも争うことなく、妬まず、僻まず、怨まず、

常に安定した仁慈の心で過ごす。

難しいのではなく、そこに達するまでの修養が大事。

一朝一夕で出来ることではない。

しかし、その道を歩くのと歩かないのでは、

心の安定が異なる。

何事も達するまでは「種、芽、花、実」と時間を要する。

蒔きせずして「難しい」と言って逃げない自分を創ろう。

**************************

心学者 円 純庵著 「天命」 心学講座 本日 

人間関係で最も大事にしたい「仁」の心。

では、仁の心とは?

仁を学ぶことで人生が大きく変わる。

悪口や妬み、僻み、妬みを受けた場合の「仁徳」とは。

日時 5月21日 日曜日 午後2時〜4時 受付1時45分 

会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所  

会費  3000円 記念品付 

申込  メッセージにてお願い致します。

きずな出版 〒162-0816 東京都新宿区白銀町1-13
03-3260-0313 
最寄駅 地下鉄「神楽坂」「牛込神楽坂」JR「飯田橋」
https://www.facebook.com/pg/kizunapublishing/about/?ref=page_internal

全国書店にて発売中! 1400円税別
アマゾンにても発売中 「天命」 きずな出版
https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910
dec61acc_R.jpg
posted by 純庵 at 04:19| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

丹田

心学「丹田」

身体の気は丹田にあると云う。

では、なぜ丹田なのかと疑問に持つこともあるだろう。

丹田とは臍(へそ)の下あたりである。

この臍こそが生命の基本であり、初めでもある。

自分が生命をいただき、母体で養われて育つ。

その時に生きる力「気」をいただくのが、

臍の緒「蒂・ほぞ」である。

この蒂こそが「生命を支える気の基」。

丹田に力を入れ、気を充満させ、

あらゆる試練を乗り越える力を蓄積しよう。

あらゆる人間にある丹田は、

自分自身を育てる力と知恵を持つ。

悩みや不安、迷いなどが生じたら、丹田に手を置き、

気の治癒力を信じよう。

**************************

心学者 円 純庵著 「天命」 心学講座 明日開催 

人間関係で最も大事にしたい「仁」の心。

では、仁の心とは?

仁を学ぶことで人生が大きく変わる。

悪口や妬み、僻み、妬みを受けた場合の「仁徳」とは。

日時 5月21日 日曜日 午後2時〜4時 受付1時45分 

会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所  

会費  3000円 記念品付 

申込  メッセージにてお願い致します。

きずな出版 〒162-0816 東京都新宿区白銀町1-13
03-3260-0313 
最寄駅 地下鉄「神楽坂」「牛込神楽坂」JR「飯田橋」
https://www.facebook.com/pg/kizunapublishing/about/?ref=page_internal

全国書店にて発売中! 1400円税別
アマゾンにても発売中 「天命」 きずな出版
https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910
DSC04339.JPG
posted by 純庵 at 04:03| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

井戸

心学「井戸」

井戸の水は掘る、これは縦の作業。

川や池の水を得る、これは横の作業。

生きる為に必要な水を得るには縦横の作業が必要。

井戸を掘るには時間を要する。

地中にある水脈を探す必要がある。

人生の水も同じこと。

世間から学ぶ横の作業、

自分の心を深く掘り下げる縦の作業。

双方とも必要。

特に自分の心を深く掘ることは大事。

濁った水が出て来るのか、清き水が出て来るのか、

心の水脈は普段心で思う資質で異なる。

自分の心に流れる水脈を清くする為にも、

世間の川や池の教えを学び、

水質を調整することである。

**************************

心学者 円 純庵著 「天命」 心学講座 第三回 

人間関係で最も大事にしたい「仁」の心。

では、仁の心とは?

仁を学ぶことで人生が大きく変わる。

悪口や妬み、僻み、妬みを受けた場合の「仁徳」とは。

日時 5月21日 日曜日 午後2時〜4時 受付1時45分 

会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所  

会費  3000円 記念品付 

申込  メッセージにてお願い致します。

きずな出版 〒162-0816 東京都新宿区白銀町1-13
03-3260-0313 
最寄駅 地下鉄「神楽坂」「牛込神楽坂」JR「飯田橋」
https://www.facebook.com/pg/kizunapublishing/about/?ref=page_internal

全国書店にて発売中! 1400円税別
アマゾンにても発売中 「天命」 きずな出版
https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910
IMG_5821.JPG
posted by 純庵 at 04:13| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする