2017年06月23日

臭い

心学「臭い」

臭いの字は「自と大」で成る。

多くの臭いは「自ら大きくなる」。

善悪の臭いも同じこと。

心から発した善悪の臭いは、

徐々に心から外に出て、

自ら大きくなり周囲に影響を与える。

心で思うことの臭いが、

周囲に善の影響を与えるのか、

悪の影響を与えるのかは、

周囲の他人なら分かる。

自分自身で気付かない「心の臭い」。

「面倒臭い」は自分が発する臭い、

「胡散臭い」は他人が感じる臭い。

普段の自分がどのような臭いを出しているのか、

自分の心と周囲の人を観る習性を身につけよう。

***************************
第五回 「心学」講座  「努力」と「出来る」とは

努力とは「一生懸命にやる・やらない」の双方にある?!

出来るとは「出来る・出来ないの深い意味」を学ぶ。

心の中にある「努力」「出来る」を学び、実践する学問。

日時 7月8日 土曜日 午後2時〜4時  受付1時45分 

詳細は心学「イベント」まで。
https://www.facebook.com/shingaku001/

IMG_0116.jpg
posted by 純庵 at 03:59| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

過去

心学「過去」

過去に起きた失敗や失態。

取り返しはつかない。

如何なる人間も過去を変えることは出来ない。

過去の経験を未来に活かす人間のみが、

過去を栄養にして、失敗や失態を取り戻している。

未来は過去と現在の延長。

過去を活かすことの出来ない人間は、

未来にまた同じ失敗や失態を繰り返す。

一度や二度は仕方ないにしても、

これが常時となれば、自分を真剣に変える必要がある。

自分が大事と思う人間は、より自分を省みること。

口だけ「自分が大事」「自分が可愛い」と思っても、

実行が伴わない反省は、自分をいじめているだけ。

厳しいことかもしれないが、自分を省みることが先決。

***************************
第五回 「心学」講座  「努力」と「出来る」とは

努力とは「一生懸命にやる・やらない」の双方にある?!

出来るとは「出来る・出来ないの深い意味」を学ぶ。

心の中にある「努力」「出来る」を学び、実践する学問。

日時 7月8日 土曜日 午後2時〜4時  受付1時45分 

詳細は心学「イベント」まで。
https://www.facebook.com/shingaku001/

IMG_0114.jpg
posted by 純庵 at 03:28| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

無理 

心学「無理」

心で無理を思えば、心の大地は無理を育てる。

心で無駄を行えば、心の大地は無駄を育てる。

善悪ともに「心の種」があり、

思い、行えば、心の中で育つ。

無理ばかり行う人間は、無理を栽培し、

無理の人生を謳歌する。

無駄ばかり行う人間は、無駄を栽培し、

無駄な人生を謳歌する。

たまの無理や無駄もあるかもしれないが、

それが習慣づいた場合、心の資質になる。

習慣の習は本来「復習」ことを意味する。

習慣の慣は「心を貫く」の慣れを意味する。

習慣は善悪関係なしに、心で育ち実らせる。

心で思うことの実現である。

***************************
第五回 「心学」講座  「努力」と「出来る」とは

努力とは「一生懸命にやる・やらない」の双方にある?!

出来るとは「出来る・出来ないの深い意味」を学ぶ。

心の中にある「努力」「出来る」を学び、実践する学問。

日時 7月8日 土曜日 午後2時〜4時  受付1時45分 

詳細は心学「イベント」まで。
https://www.facebook.com/shingaku001/

IMG_2186.jpg
posted by 純庵 at 03:41| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

心学「噂」

噂を流す人間ほど、還って他人の噂になっている。

得意気に他人の噂を吹聴している人間、

周囲の人間によって本人の噂が広がる。

噂は一人歩きする習性を持つ。

当然、それを発した人間も噂になって流れる。

それを知らずにして、平気で他人の噂を流す。

割が合わない不徳の言動である。

噂を流す人間ほど悪者になっている。

仁徳を修めた人間は、噂を流すことを嫌う。

恕「己の欲せざるところ 人に施すなかれ」の心が、

噂を封じ込めるからである。

言葉は人格を表すので、発する前に内容を考える。

言葉は自分自身である為に、

その内容によって「自分への評価」もある。

すべてではないが、重々に気をつけることが良い。

***************************
第五回 「心学」講座  「努力」と「出来る」とは

努力とは「一生懸命にやる・やらない」の双方にある?!

出来るとは「出来る・出来ないの深い意味」を学ぶ。

心の中にある「努力」「出来る」を学び、実践する学問。

日時 7月8日 土曜日 午後2時〜4時  受付1時45分 

詳細は心学「イベント」まで。
https://www.facebook.com/shingaku001/

IMG_6985.JPG
posted by 純庵 at 04:31| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

心学「心」

青少年期は心を大きく持って、

あらゆる試練を甘受し、心の栄養とする。

壮老年期は心を大きく持って、

あらゆる意見を聴き、心の栄養とする。

特に壮年期や老年期は頑固にならず、

柔軟性を持った人徳を修める。

人生の経験、芯はしっかり柔らかく、

柳の如く、人に逆らうことなく、

自分を折り曲げることもなく、道を歩みたい。

多くの人生経験から得た教訓を活かし、

人から尊敬される人格を持ちたいものである。

他人からの評価を気にすることはないが、

嫌われるより好かれた方が、

身内の人たちにとって、うれしいはずである。

***************************
第五回 「心学」講座  「努力」と「出来る」とは

努力とは「一生懸命にやる・やらない」の双方にある?!

出来るとは「出来る・出来ないの深い意味」を学ぶ。

心の中にある「努力」「出来る」を学び、実践する学問。

日時 7月8日 土曜日 午後2時〜4時  受付1時45分 

詳細は心学「イベント」まで。
https://www.facebook.com/shingaku001/
 
IMG_2007.jpg
posted by 純庵 at 04:01| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

倹約

心学「倹約」

普段の生活に倹約を心掛ければ、

自ずと質素になる。

倹約は吝(けち)とは違い、

物を大事にする心であり、

工夫を産む智慧となる。

倹約を心掛けない人は、

多くの智慧を産むことが少ない。

足りないことやまだ使えること、

捨てずに済むことを考える智慧。

新しい物を買わずに済む為に無駄な金銭を使わない。

無駄な金銭を使わない為に、貧窮することはない。

人によっては無駄の価値観や貧窮の捉え方も異なるが、

まずは自分で出来る範囲の倹約をしてみよう。

何事も異論を唱える前に、自分で出来る実践を心掛けよう。

***************************

 心学者 円 純庵 著「天命」「恕」全国書店にて発売中! 
 
 アマゾンにても発売中 
 「天命」きずな出版 1400円税別
 https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910
 
 電子書籍「天命」きずな出版 1200円税込 PHP研究所 
 
 恕(じょ)ひとに求めない生き方 青春出版社 1200円税別
 https://www.amazon.co.jp/dp/4413039637Facebook290617 

IMG_4233.JPG
posted by 純庵 at 05:02| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

批判

心学「批判」

物事を十分に把握せずして批判する人間。

批判や批評にはそれなりの責任を持つ。

生半可な批判や批評は、自分の「信」を失う。

十分に調べ、内容を熟知し、相手を思う仁があれば、

面と向かって批判や批評をすべきであろう。

しかし、世間の批判や批評の大半は、

中身が伴っておらず、仁徳に欠けることが多い。

恕の心があれば、言葉を選ぶ必要がある。

言動は自分が思う以上に相手を傷付けることが多い。

もし、自分が言われたら気分は良くないはず。

自分がされて嫌なことはしない、これが恕(じょ)。

言論は自由であるが、そこには仁徳が必要。

言葉を凶器にしない為にも心学を修めよう。

言葉を慎み、余計な言動を避けること。

*********************
心学講座 神楽坂学問所 6月17日14時 本日 

詳細は日本心学院
https://www.facebook.com/nihonshingakuin

心学ブログ http://wanokuni-singaku.seesaa.net/

アメブロ  http://ameblo.jp/wanokuni001/ 

仁 (22).jpg
posted by 純庵 at 05:00| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

敬う

心学「敬う」

年下が年上を敬う。

子が親を敬う。

生徒が先生を敬う。

敬うと云うことは形ではなく、

上の人間が下の人間から尊敬される人間性を、

修めることが大事。

人間として修養の基本は仁徳。

一日でも早く生まれた限りは、

その一日分の修徳が多いことである。

先に生まれている人間は、

後に生まれた人間よりも修徳を積んでいることになる。

しかし、現実は修徳の意義すら理解する人間が少ない。

その人間が悪いのではなく、

それを学ぶ環境が欠けていただけである。

これからでも遅くはない仁徳を修めよう。

*********************
心学講座 神楽坂学問所 6月17日14時 明日 

詳細は日本心学院
https://www.facebook.com/nihonshingakuin

心学ブログ http://wanokuni-singaku.seesaa.net/

アメブロ  http://ameblo.jp/wanokuni001/ 

DSC01126.JPG
posted by 純庵 at 03:37| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

自由

心学「自由」

自由は自由に非ず。

自由こそ窮屈な言動はない。

自由にはそれ相当の責任が付く。

責任のない自由はただの「わがまま」。

周囲や世間に迷惑を掛けない。

人の嫌がることをしない。

人の悪口は言わない。

「自由に生きる」と「わがままに生きる」とは、

天地雲泥の差がある。

人間、誰しも自由に生きたいと思う。

その分、自分に与えられた責任、

為すべき責務を成すことが基本。

その上に真の自由が成り立つ。

自由とは「自らの修養に由る」である。

*********************
心学講座 神楽坂学問所 6月17日14時 開催 

詳細は日本心学院
https://www.facebook.com/nihonshingakuin

心学ブログ http://wanokuni-singaku.seesaa.net/

アメブロ  http://ameblo.jp/wanokuni001/ 

DSC05726.JPG
posted by 純庵 at 04:11| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

善悪 

心学「善悪」

善悪の判断は各個人で行うものである。

ただ、絶対悪はその限りではない。

殺人は絶対悪であるが、戦争は相対的悪の場合もある。

負ければ悪になり、勝てば善になる。

平和の為に武器を作り、平和の為に侵略する。

そのような矛盾した善悪が罷り通る社会に仁徳はない。

仁政や徳政は理想の言葉かもしれないが、

それらを志す政治家や公務員は少ない。

人間教育の原点は「仁徳」である。

国の仁徳は各自の仁徳から始まる。

各自の仁徳はその家庭における教育から創られる。

大いに学びたい「仁徳」の心。

身内や知人が殺されて「善」と思う人間はいない。

教育の原点である家庭、その為にも親自身の学びが必要。

*********************
心学講座 神楽坂学問所 6月17日14時 開催 

詳細は日本心学院
https://www.facebook.com/nihonshingakuin

心学ブログ http://wanokuni-singaku.seesaa.net/

アメブロ  http://ameblo.jp/wanokuni001/ 

4c87d747c8683.png
posted by 純庵 at 04:52| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする