2016年05月02日

和  

和とは仁徳を意味し、

人を和み、睦み合うことである。

人間関係で最も貴き心。

日々、他人との関係で「和」を以ってすれば、

争うことなく、嫉妬することなく、恨むことなく、

心は安定した人生を歩むことが出来る。

しかし、それが出来ないのが人間。

それ故に「徳・仁・義・礼・智・信」の修学が必要。

人間だから出来ないとあきらめない、逃げない、

批判しない、理屈を言わない。

自分を安定させる為にも、和を学ぶ心を持つ。

人間として生きる以上、人間関係は大事である。

自分を生かしてくれる多くの人、

自分を活かしてくれる多くの人と「和」の心を以って接する。

DSCF3467.JPG
posted by 純庵 at 05:26| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。