2016年05月06日

山頂 

山頂 

人生は山に登ると同じ。

低い場所では全体を観ることは出来ない。

登れば登るほど下界が観えて来る。

しかし、山頂に近づくほど風も強くなる。

樹木の数や高さまで変化し、

風雨に耐えられるような生態系の植物が多くなる。

山頂に辿り着けば、下界が四方八方に観える。

下界では観られない景色を観ることは出来るが、

そこまでの道程は自分自身との闘いである。

登ることの辛さ、掛かる時間を考えれば、

無理して登る必要はないと自分に言い聞かせる。

ところが、下界に居る人間と山頂に居る人間では、

観る世界が大きく異なる。

高い山頂ほど風当たりも強く、心の訓練にもなる。

09 - 3 (1).jpg
posted by 純庵 at 05:17| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。