2016年05月19日

迷い 

迷い  

人間、生きていれば多くのことに悩む。

悩みや迷いは当たり前のこと。

迷いは前に歩むから迷うのであって、

立ち止まっていれば迷う心配はない。

自分自身が人生を楽しく豊かに歩もうとすれば、

当然、歩く先に迷いは生じる。

その時、心の地図があれば、迷いは少なく済む。

もしくは迷った時点で冷静に心の地図を観てから、

歩む方が良い。

心の地図とは普段の「学び」である。

人の話を素直に聴くことや、

先人たちの書籍を大いに読み学び、

普段の辛苦に対する「心の力」をつけること。

日々の修学修徳が迷いを軽くする。

IMG_3389.JPG
posted by 純庵 at 04:52| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。