2016年05月29日

信義

信義 

義が薄い人間は約束を守らない。

約束を守らないから人から信用されない。

信用されないからますます人が近づかない。

近づかないから人を批判し、自分を愛玩する。

まずは原点である約束事を守る心の力を付けること。

言い訳や相手の所為にする弱い心を強くする。

その為にも「心を観る」「心を書く」「心を語る」、

心学の実践を修めることである。

「徳・仁・義・礼・智・信」は人生を豊かにして、

人生の重荷を少なくする。

もし、重荷を背負うことがあっても、

「徳・仁・義・礼・智・信」の力で肩の荷が軽くなる。

でも、それが出来ない人間ほど逃げ口上が上手い。

大事な人生、もっと心素直になって仁徳を修めよう。

IMG_3583.JPG
posted by 純庵 at 04:52| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。