2016年10月05日

民主 

民主

言葉だけになってしまった「民主」。

国民、市民、町民、村民が中心であるべき民主。

悲しいことに現在は「党主」になっている。

政治の目的は「民富」であるべき。

「民富」の政治を行う人間はまず仁徳を修め、

「徳・仁・義・礼・智・信・忠・孝」を十分に学び、

広く民の幸福、裕福、平安を築かなければならない。

民が主体でない時代は繁栄しない。

政治に関わる人間は常に仁徳を修め、

政治、法律に関する多種の学問を修め、

公費を無駄遣いすることなく、

自ら質素倹約の相を取るべきであろう。

公人であることは民に仕える存在であることを、

十分意識して、常に謙虚であり、民の鏡であって欲しい。

27 - 14.jpg
posted by 純庵 at 05:38| Comment(1) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。