2016年10月17日

立場の高低

立場の高低

高い処に居れば人から観られることは多い。

低い処に居れば人から観られことは少ない。

低い処に居る人間は高い処に居る人間を、

僻む、妬む、恨む、蔑むなど不仁の言動に及ぶ。

人間に高低はない、人間ならば皆同じ位置に居る。

しかし、心の中に高低を創り、

高い処に居る人間は低い処の人間を見下し、

低い処に居る人間は高い処の人間を蔑む。

心の中に生まれる高低を、仁の心を以って、

平らかにし、常に和の言動を心掛ける。

仁の心は和の言動を生み、

人を思う心に高低などなくなる。

人は人、自分は自分、人も自分もすべて同じ。

最高徳目である「仁」を大いに学ぼう。

IMG_1600.JPG
posted by 純庵 at 04:56| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。