2017年01月16日

天地自然の万法 

天地自然の万法 

陽は昇り、陽は沈む。

月は常に満ち欠けを繰り返す。

花は咲き、散り、実を結ぶ。

不変の法則であるが、人間では気がつかない動きもある。

人間、時に自然界と親しみ、自分の生き方を観る、

自然界や動植物を観ては、自分自身の為すべきこと、

自分の過去、現在、未来を観る。

自分自身の進化や退化を次の時に活かす。

戻らない人生、それらを人生の肥しにして、

迷いや不安のない人生を創りたいものである。

路傍の花、枯れずに大地を守る大樹、子育てに必死の動物。

すべては自分自身の師であり、人生の道である。

難しいことを考えずに、動植物は生きている。

自然と一体化した生命は実に素晴らしい存在。

IMG_2427.JPG
posted by 純庵 at 05:20| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする