2017年01月29日

人生 

人生 

生まれてすぐに自分自身の人生が始まり、

死を以って自分自身の人生が終わる。

その間に起きる喜怒哀楽の出来事。

それらに心動かされ、喜びや悲しみ、怒りや恨み、

多くの感情が生まれては消えた。

すべては心の奥深くに沈み、

印象の深いものばかり心の表面に表れてはまた沈む。

偶然と思ったことも後に必然と思えることもあり、

人生は摩訶不思議な場面も演出する。

幼児期、小さい心の器が歳と共に成長する。

しかし、自ら器を大きくせず、幼児のままでいる人間。

器自体を壊す人間もいる。

人生、天変地異以外は自分自身の心が創り、

自分の感情や仁徳も創っている。

20 - 5.jpg
posted by 純庵 at 06:07| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする