2017年02月02日

貶す

貶す(けなす)

人を貶す人間は人を教え諭す心の力に欠ける。

貶すばかりで「何を治すべきか」を、

教えることが出来ない。

もし、人から貶されても気にしなくとも良い。

相手は悪気で話しているだけである。

悪気に乗ってしまえば、先方の思い通りになる。

人間、言われれば多少気になるだろうが、

これも人生の修養。

相手の悪気を使い、自分自身の成長に役立てよう。

それと同時に相手の悪気という仁徳の欠如に、

仁徳を以って、慈しみの心を持とう。

「私には出来ない」と思う人は、

出来ない努力をしている。

思うことは善悪関係なしに「心の努力」である。

IMG_1276.JPG
posted by 純庵 at 06:57| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする