2017年02月03日

慎む

慎む 

人生には多くの失敗や失態がある。

自分自身の言動を慎めば良いが、

余計な言動によって周囲に悪影響を及ぼす。

常に「慎み」の心があれば、

失敗や失態は少なくなる。

特に人間関係では「慎み」が大事。

普段から「慎み」を心掛け、

余計な言動を控え、謙虚さを失わない。

人は自分自身の「外見を見る」「内面を観る」、

双方の自分と接している。

たとえ外見は良くとも、内面が悪ければ、評価は下がる。

必要な言動は大いにすべきであるが、

余計な言動は慎むようにする。

余計な言動は他人の言動を観れば、それなりに学べる。

image.jpeg
posted by 純庵 at 07:00| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする