2017年03月08日

大樹 

大樹 

樹齢何百年の樹木、

自然界の風雨に耐えて生き延びて来た。

素晴らしい生命力であり、樹木自身の根性でもある。

これらの樹木は神木霊木として地域の信仰にもなっている。

しかし、このたくましき樹木も人間の手によって、

無惨にも切り倒される。

永い年月も耐えて来た樹木をわずかな時間で切り倒す。

心も同じこと、耐えて来た自分の心を踏み倒すのは、

他人の暴言暴力または自分自身であること。

根性はしっかりしていても切り倒されれば、

生き続けることは出来ない。

自分が生きる環境や周囲の人間を考えることも大事。

自分自身がしっかりしても、周囲から脅かされることもある。

生きることは「自分の周囲を観察」する智慧。

環境や周囲から大いに学び、

危険なことを避け、無理と無駄を防ぐ。

これぞ人生の修練。

日々、生きる為に智慧はある。

その智慧を活かす為にも「仁・義・礼・智・信」の五徳を、

修め実践の人生を歩もう。

***********************
純庵著 心学書 「天命」
全国書店にて発売中! 1400円税別
アマゾンにても販売中 
https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910 

電子書籍 「天命」きずな出版 
1200円(税込)PHP研究所   honto総合書店

IMG_0429.JPG
posted by 純庵 at 04:39| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする