2017年03月09日

開き直る 

開き直る

自分自身の過ちを指摘されると開き直る人間。

自分の心を開くことを怖がり、

指摘した人間を否定し攻める。

人間として最も不徳な言動である。

病気の原因が判明し、治療を拒む人間と同じ。

治るものも治らないであろう。

「治る」と「直る」は同じ「なおる」。

真に心を開いて、自分自身の悪いところを直す勇気が、

人間関係を潤滑にさせる。

自分独りで世の中生きては行けない。

多くの協力者が必要である。

自分に落ち度があった場合は、

すぐ素直になり、指摘に感謝し、

悪い点を直すことが、不徳を徳に治す術である。

誰しも自分自身を守りたい。

しかし、悪い点を指摘され、心で正しいと思ったら、

勇気を持って自分を直し、気持ちを軽くした方が良い。

意地を張り、自分を守ってもそこに成長はない。

自分を守るべきところは守り、

直すべきところを直す、これも仁徳の道。

***************************
 円 純庵著「天命」  第二回 出版記念講演  
 「自分の人生を生きる」「何が自分を苦しめるのか」
 日時  3月25日 土曜日 午後2時〜4時  
 会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所
 詳細は日本心学院 
 https://www.facebook.com/nihonshingakuin
 
 心学者 円 純庵 著「天命」全国書店にて発売中! 
 アマゾンにても発売中 1400円税別(1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910

 電子書籍「天命」きずな出版 1200円税込 PHP研究所   

20150211_082713000_iOS.jpg
posted by 純庵 at 05:03| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする