2017年03月14日

根 

心学「根」

近くに大樹があれば、その根を観てみよう。

どれほど長い年月を乗り越えて来たのか。

何も語ることのない大樹。

愚痴も言わず、逃げることせず、

ひたすら与えられた土壌や環境で生き続けている。

心大きい人間は愚痴も言わず、逃げることせず、

ひたすら与えられた人生や天命を全うしている。

根の生命力を「根性」と云う。

性とは「生きる心の力」である。

根がしっかりしていれば、

風雨にも耐えられ、幹や枝を成長させ、

花を咲かせ、実を結ばせる。

人間にもこの根がある。

艱難辛苦は心を鍛え、打たれ強くしてくれえる。

この艱難辛苦は自分にあった質量でやって来る。

自分だけが苦しいのではないし、

自分以外の人々も同じように耐えて生きている。

樹木の如く、同じように天命の中で活かされ、

明日の自分を創り続ける。

人間として強くなるかは、自分自身の心一つ。

***************************
 円 純庵著「天命」  第二回 出版記念 心学講演  
 「自分の人生を生きる」「何が自分を苦しめるのか」
 日時  3月25日 土曜日 午後2時〜4時  
 会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所
 詳細は日本心学院 
 https://www.facebook.com/nihonshingakuin
 
 心学者 円 純庵 著「天命」全国書店にて発売中! 
 アマゾンにても発売中 1400円税別(1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910

 電子書籍「天命」きずな出版 1200円税込 PHP研究所   

IMG_0721 (1).JPG
posted by 純庵 at 04:31| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする