2017年03月26日

自分

心学「自分」

人は人、自分は自分。

では、自分とは何か。

自分自身を知ることは容易いことではない。

日々、自分を省みる人間は心の成長が多い。

自分を省みない人間は心の成長は少ない。

どちらもそれぞれの生き方なので良し悪しはない。

ただ、「心を修める学問」は、

心が病に罹らないように心を鍛え、

もし心が病に罹ったら対処法を教えてくれる。

修めないより修めた方が良い。

それを要しない天性的な仁徳者は良いが、

大半の人間は修めた方が良い。

ただ、現代社会ではその修める環境が少ない。

是非、心学を修め、多くの人に広め、

互いに教学の精神でいきたいものである。

他人に教え、自ら育つ、教学がこれからの自己教育。

現代は以前より精神的に悩む人が多い。

人間として最も大事な「仁徳」に欠けているのも原因の一つ。

自分なりに生きる為には、自分自身を知ること。

自分を知るには、自分を学び修めなければならない。

****************************
 心学者 円 純庵 著「天命」全国書店にて発売中! 

 アマゾンにても発売中 1400円税別(1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910

 電子書籍「天命」きずな出版 1200円税込 PHP研究所 

27 - 8.jpg
posted by 純庵 at 04:51| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする