2017年04月08日

書物 

心学「書物」

聖賢の書物は長い年月を経て、

多くの人々から読まれ、

大いなる影響を与えている。

長い歴史の中で消えることなく、

残り続け、読まれることは、

その書物に強い力が秘められている。

俄かに売れる本も良いが、

心の栄養として聖賢の書物を紐解くのは良い。

僅かな本代で、自身の考えや人生が変わるかもしれない。

消えてしまう「金銭の存在」を心の栄養とすれば、

よりその「金銭」は生きた使い方になる。

消える使い道も良いが残る使い道は更に良い。

歴史が語る「良書」「徳書」を、

出来る限り自分の栄養にしたいものである。

************************
 5月6日(土)きずな出版「天命」純庵講演会 
開催日時 2017年5月6日(土)午後2時〜4時
会場 東京都千代田区立日比谷図書文化館
   コンベンションホール   
参加費 3000円
主催 きずな倶楽部 
   http://www.kizuna-pub.jp/news20170506/
詳細は日本心学院
   https://www.facebook.com/nihonshingakuin  
   
心学者 円 純庵 著「天命」全国書店にて発売中! 
アマゾンにても発売中 1400円税別(1512円)
   https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910
電子書籍「天命」きずな出版 1200円税込 PHP研究所 

IMG_2001.JPG
posted by 純庵 at 03:43| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする