2017年05月05日

評価

心学「評価」

自分を自分で評価する。

他人が自分を評価する。

果たして本当の自分はどちらになるのか。

双方とも自分自身に変わりはないが、

自分で評価する時は、

自分を贔屓にしてしまうこともある。

他人の評価は自分の評価より辛口である。

それを素直に受け取る心の力が必要。

嫌うのは自分に当てはまるからであり、

指摘されたことを素直に受けられず、

逆に悪意を持つこともある。

悪しきところを直し、良きところは伸ばす、

自分の評価、他人の評価、双方とも心の栄養になる。

大きい心の器を以って、仁徳を高めよう。

************************
 「天命」出版記念 純庵「心学」講演 明日6日

心学とは人生の悩みや苦労を心の栄養にする「心の学問」!!

必聴の講演 心を観ない人は迷いや不安が多い。
  
開催日時 2017年5月6日(土)午後2時〜4時
会場 東京都千代田区立日比谷図書文化館
   コンベンションホール   
参加費 3000円
主催 きずな出版「きずな倶楽部」 
   http://www.kizuna-pub.jp/news20170506/

00.jpg
posted by 純庵 at 04:29| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする