2017年09月21日

出世 

心学「出世」

出世の語源は幾つかあるが、

如来が世に出ると云う仏法の言葉。

自分自身が如来の心を以って、

社会に大いなる貢献をし、

仕事を通して心を磨いたならば、

まさに真の出世になる。

出世は実に素晴らしいことである。

大いに仕事や社会活動で出世したい。

その為にも普段から仕事に専念し、

自分自身の心も修め、他人に迷惑を掛けることなく、

多くの人々から尊敬される人物を目指す。

出世を意識することなく、自然に出世している無為の相、

出世を自慢することなく、常に謙虚で、

清貧の心で人生を歩みたいものである。

*****************************
「心を書く」本 次回の「心を書く」実践講座は21日 イベント情報

「心学」講座「悪口を気にしない心の強さ」9月30日 イベント情報

「天命」講演「打たれ強くなる心の創り方」10月15日 イベント情報

イベント情報 https://www.facebook.com/shingaku001/ 

 *「心を書く本」*「恕 ひとに求めない生き方」青春出版社 
 *「天命」 きずな出版
   各書店並びにアマゾン書籍やネット書籍にて好評販売中

心学ブログ  http://wanokuni-singaku.seesaa.net
アメブロ   http://ameblo.jp/wanokuni001 

IMG_6430.jpg
posted by 純庵 at 04:58| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

適う

心学「適う」

全てのことが自分の基準や条件に適う訳ではない。

適わないからといって悪意の感情を持っては仁に欠ける。

人間、自分本位、自分中心に生きている。

互いの基準や条件を持っている。

しかし、自分本位が強過ぎると、

仁の力が欠け、相手に悪意を持つこともある。

それを反対に自分がされたら嫌な思いになるだろう。

人はそれぞれ一生懸命生きている。

相手を求め、多少の食い違いを許し、寛容な心を持ちたい。

人は完璧ではない、自分自身も完璧でない。

完璧ではない同志、互いに助け合う仁の心を持つ。

足りない分を互いに助け合う。

これが人間関係の「適正」になる。

適正とは正しく適うことである。

*****************************
「心を書く」本 次回の「心を書く」実践講座は21日 イベント情報

「心学」講座「悪口を気にしない心の強さ」9月30日 イベント情報

「天命」講演「打たれ強くなる心の創り方」10月15日 イベント情報

イベント情報 https://www.facebook.com/shingaku001/ 

 *「心を書く本」*「恕 ひとに求めない生き方」青春出版社 
 *「天命」 きずな出版
   各書店並びにアマゾン書籍やネット書籍にて好評販売中

心学ブログ  http://wanokuni-singaku.seesaa.net
アメブロ   http://ameblo.jp/wanokuni001 

21272150_151317342121070_3158411146551094993_n.jpg
posted by 純庵 at 03:59| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

時間 

心学「時間」

楽しい時間にしがみつく。

楽しい一時間は瞬時に消える。

そこにしがみついてもその時間は消える。

苦しい時間からは逃げたい。

苦しい一時間も瞬時に消える。

何しようがその時間は消える。

苦楽の時間は如何なるものも消える。

消えた後にある「心の残像」にしがみつき、

多くの感情を創る。

そこから本当の苦楽という思いが始まり、

心に軽重や質量の感情を与え、次の人生を開かせる。

消える時間、残る心の残像、そして新たな感情。

人は「心の残像」で多くの喜怒哀楽を感じ、

人生の修練を積んで行く。

*****************************
「心を書く」本 次回の「心を書く」実践講座は21日 イベント情報

「心学」講座「悪口を気にしない心の強さ」9月30日 イベント情報

「天命」講演「打たれ強くなる心の創り方」10月15日 イベント情報

イベント情報 https://www.facebook.com/shingaku001/ 

 *「心を書く本」*「恕 ひとに求めない生き方」青春出版社 
 *「天命」 きずな出版
   各書店並びにアマゾン書籍やネット書籍にて好評販売中

心学ブログ  http://wanokuni-singaku.seesaa.net
アメブロ   http://ameblo.jp/wanokuni001 

IMG_0652.JPG
posted by 純庵 at 04:49| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

立場

心学「立場」

人間、誰しも自分自身を中心にして考える。

恨み、妬み、僻み、などは自分の感情であり、

自分の心が病む原因ともなる。

でも、自分自身の感情は一方的である。

自分が感じるように、

自分の言動が相手にどのような影響をしているのか。

一考することも大事。

人間、自分本位に生きている。

心学実践の基本「恕(じょ)」は相手を思いやる心。

その恕を修めても、上手く伝わらない時もある。

しかし、その心を修めるならば、徐々に伝える力が付く。

「自分がされて嫌なことは 人にしてはならない」恕は、

人を思いやり、自分を愛するように人も愛する「仁」の心である。

常に自分自身の言動に心を配りたい。

*****************************
「心を書く」本 「心を書く」実践講座は18日本日  イベント情報

「心学」講座「悪口を気にしない心の強さ」9月30日 イベント情報

「天命」講演「打たれ強くなる心の創り方」10月15日 イベント情報

イベント情報 https://www.facebook.com/shingaku001/ 

 *「心を書く本」*「恕 ひとに求めない生き方」青春出版社 
 *「天命」 きずな出版
   各書店並びにアマゾン書籍やネット書籍にて好評販売中

心学ブログ  http://wanokuni-singaku.seesaa.net
アメブロ   http://ameblo.jp/wanokuni001 

FDB415EF-CE28-4F9B-88B5-BBF8632FA28D.jpg
posted by 純庵 at 04:50| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

煮え繰り返る

心学「煮え繰り返る」

腹立たしいこと、腹が煮え繰り返る。

心の温度はよほど高温になっている状況。

普通、煮え滾った熱湯は、

火力を止めるか無くなるまで煮え続ける。

この火力はどこにあるのか。

心の中に火力燃料もあれば、消化剤もある。

燃料か消化剤なのか、選ぶのは自分自身の心一つ。

ただ、煮え繰り返った心は自分自身も火傷をすることもあり、

それを他言すれば他人も火傷する。

愚痴をこぼすのも良いが冷めてから話す。

しばし間を置いた会話を修練する。

心の温度は言動の温度にも比例する。

自分の言葉は自分の人格になるので、

まずは「間」を置いてから話すようにしたい。

*****************************
「心を書く」本 次回の「心を書く」実践講座は18日 イベント情報

「心学」講座「悪口を気にしない心の強さ」9月30日 イベント情報

「天命」講演「打たれ強くなる心の創り方」10月15日 イベント情報

イベント情報 https://www.facebook.com/shingaku001/ 

 *「心を書く本」*「恕 ひとに求めない生き方」青春出版社 
 *「天命」 きずな出版
   各書店並びにアマゾン書籍やネット書籍にて好評販売中

心学ブログ  http://wanokuni-singaku.seesaa.net
アメブロ   http://ameblo.jp/wanokuni001 

IMG_0170.JPG
posted by 純庵 at 04:00| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

執着

心学「執着」

心の苦しみは「自分自身の執着」から始まる。

執着を断ち切らなければならないと思っても、

なかなか断ち切れない。

これを「思う」ことを中心にしているからであろう。

「思う」ことは頭の中で浮いたり沈んだりして掴み難い。

固定して考えるなら黙想でもしなければならない。

それでも心が安定せず、他のことが過る。

心学の実践である「心を書く」は文字で自分の心を表わし、

それを読み、見詰めることによって、

頭で考えるより効果は上がる。

なぜ、それほど執着しているのか、なぜ、捨て切れないのか。

その原因を書いてみる。

初めは慣れないが、心の苦しみを増すよりは心は軽くなる。

それが出来ない人はますます執着から離れられない。

*****************************
「心を書く」本 次回の「心を書く」実践講座は18日 イベント情報

「心学」講座「悪口を気にしない心の強さ」9月30日 イベント情報

「天命」講演「打たれ強くなる心の創り方」10月15日 イベント情報

イベント情報 https://www.facebook.com/shingaku001/ 

 *「心を書く本」*「恕 ひとに求めない生き方」青春出版社 
 *「天命」 きずな出版
   各書店並びにアマゾン書籍やネット書籍にて好評販売中

心学ブログ  http://wanokuni-singaku.seesaa.net
アメブロ   http://ameblo.jp/wanokuni001 

IMG_3206.JPG
posted by 純庵 at 04:01| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

先の自分

心学「先の自分」

過去、現在の自分自身。

この過去と現在の延長にあるのが「先の自分」。

今の自分も、過去の自分自身が思ったことで創られている。

いつでも心は「先の自分」を創っている。

心で思っている資質が多い「思い」ほど、

それが育ち、やがて実となって現れる。

それが「実現の思考」と「言動の現実」。

今、自分自身の心で思うことが「先の自分」である。

楽しみも苦しみも「今の心」が創っている。

「心で思うこと」を蔑ろにしていけない。

無意識の内に心で実現しようとする。

無意識の思いは「善悪」関係なしに働く。

自分にとっての悪を去り、善の思いを続ける。

「心を修める」と云う行いは人生を豊かにする。

*****************************
「心を書く」本 次回の「心を書く」実践講座は18日 イベント情報

「心学」講座「悪口を気にしない心の強さ」9月30日 イベント情報

「天命」講演「打たれ強くなる心の創り方」10月15日 イベント情報

イベント情報 https://www.facebook.com/shingaku001/ 

 *「心を書く本」 *「恕 ひとに求めない生き方」青春出版社 
 *「天命」 きずな出版
   各書店並びにアマゾン書籍やネット書籍にて好評販売中

心学ブログ  http://wanokuni-singaku.seesaa.net
アメブロ   http://ameblo.jp/wanokuni001 

IMG_3200.JPG
posted by 純庵 at 04:31| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

綺麗事

心学「綺麗事」

世の中、綺麗事では済まない。

確かに「世の中は綺麗事では済まない」ことが多いかもしれない。

しかし、それに続く言葉が怖い。

「綺麗事では済まない」が、「汚濁事ではより悲惨になる」。

時には綺麗事ではなく、汚い事も必要であると云われている。

理想論で物事は通じない現代。

社会の乱れは綺麗事ではなく汚濁事にある。

古来、綺麗事と汚濁事は続いている。

社会に原因があるのではなく、人の心にある。

綺麗な水も放置すれば、やがては汚濁になる。

しかし、人間が飲む水は綺麗な水が良い。

もし、食品や薬品が汚濁事でまかり通る社会なら、

人間の健康や生命はどうなるのか。

全ては解決できないだろうが、命に関わることは綺麗事を望む。

*****************************
「心を書く」本 次回の「心を書く」実践講座は18日 イベント情報

「心学」講座「悪口を気にしない心の強さ」9月30日 イベント情報

「天命」講演「打たれ強くなる心の創り方」10月15日 イベント情報

イベント情報 https://www.facebook.com/shingaku001/ 

*「心を書く本」*「恕 ひとに求めない生き方」青春出版社 
*「天命」 きずな出版
 各書店並びにアマゾン書籍やネット書籍にて好評販売中

心学ブログ  http://wanokuni-singaku.seesaa.net
アメブロ   http://ameblo.jp/wanokuni001 

IMG_2316.jpg
posted by 純庵 at 05:10| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

相性 

心学「相性」

魚は水に住み、鳥は空を飛ぶ、

海藻は海に育ち、樹木は山野に育つ。

それぞれの性で生きている。

人間の心や感情は万能ではなく、

それぞれに相性や好き嫌いもある。

心の中で感じるものは異なる。

その異なる事を口に出した場合、

善悪の影響を及ぼすことが多々ある。

心で思うことは自由。

しかし、それを言動にした場合、

悪心に満ちた言動は他人に嫌な思いをさせる。

また、反対に他人の言動が自分に悪影響を及ぼすこともある。

言葉や行動に恕(じょ)の心は必要であろう。

お互いに嫌な思いはしたくない恕の心。

*********************************

「心を書く」本 出版記念 次回は14日「心を書く」実践講座

9月1日 青春出版社 全国書店にて発売 1300円(税別)1404円(税込)

「心を書く」実践心学講座  心を書く方法を学ぶ

会費 3000円 今回は本代込
会場 TERU・H 花ビル2F 〒104-0061 東京都中央区銀座1−13−5 

9月日程  時間帯 午後2時〜4時  受付1時45分
14日木曜日 18日祝日(月曜日) 21日木曜日 

主催 一般社団法人 和の国  心学者 円 純庵
〒104-0052 東京都中央区月島2-13-8  wanokuni001@gmail.com

参加ご希望の方は日時をメッセージをお送り下さい。

アマゾンにて受付中
https://www.amazon.co.jp/自分をもっともラクにする-心を書く-本-円-純庵/dp/441323054X

IMG_2073.jpg
posted by 純庵 at 04:13| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。