2017年12月13日

立腹

心学「立腹」

腹が立つことは人間誰しもある。

腹が立てば、相手や社会を批難したくなる。

それは当然の感情であるが、

それだけでは自分自身が疲れるだけ。

仁徳はその腹が立った時に、心の栄養に切り替えること。

なぜ、そのような経緯に至ったのか、

自分自身にも非はないのか、これからどうすれば良いのか。

一方的ではなく、双方的に考えてみる。

とかく、相手や社会を批難して終わる人間が多い。

それでは心の成長は有り得ない。

難期は好機であり、成長の時期でもある。

腹が立つことも時には良い。

ただ、その後に人間性や仁徳性が観える。

大いに腹を立て、大いに心の栄養に切り替えよう。

********************************

心学講座 12月17日 日曜日「辛苦を乗り越える」詳細はイベントを。   
http://www.facebook.com/shingaku001/

心学関係のブログ・Facebook

心学ブログ  http://wanokuni-singaku.seesaa.net
アメブロ   http://ameblo.jp/wanokuni001
心学の集い  http://www.facebook.com/groups/shingakunotudoi/ 

25882534_103559117000_2.jpg
posted by 純庵 at 03:26| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。