2016年10月12日

間と云う仁 

間と云う仁 

仁の心が欠け始めると、余計な事を言い始める。

人間、誰しも心に余計な事を浮かべる。

質量が軽い為に、心でも上部に浮き易く、

口からこぼれ、周囲に撒き易い。

口からこぼれる前に、一旦「間」を置き、

仁の質量を観る。

相手を傷付ける内容ならば引き下げ、心から消す。

必要な事であれば、内容を理解し易いように組み立てる。

他人に嫌な思いをさせる人間ほど、

間を置かずに話をする。

仁は相手を思いやる心。

その仁が欠けていれば、常に逆の立場を考える。

そのことを習得出来れば、仁の質量は向上する。

誰しも嫌な思いはしたくない、自分も然り。

IMG_5821.JPG
posted by 純庵 at 05:36| Comment(1) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

数ヶ月前にとても嫌な経験をしました。ある人と「話」をした時のこと。

その人は約2時間、絶え間なく一方的に話し続け、私に話す暇を与えてくれませんでした。私は疲れ切ってしまい、その人が何を話していたのか全く覚えていません。

こういうことをしてはならない、という良いお手本を見せてもらえました。
Posted by 近藤雅俊 at 2016年10月12日 05:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: