2016年10月27日

欲 



人間として生きる為には「欲」という力が必要である。

欲の中には「生命の欲」である「睡眠」「飲食」などがある。

心から欲する事象もある。

周囲に迷惑を掛けることがない「善欲」は自分自身を成長させる。

周囲に迷惑を掛ける「悪欲」は自分自身の成長を止める。

心の中で発生する「善悪」、

これらを心から出すか否かは、自分自身の心次第。

仁の力が強くれば悪欲を止めることは出来る。

仁の力が弱ければ悪欲が言動として表に出て、

他人に迷惑や嫌悪感を与える。

心が持つ力を「善悪」のどちらに向けるのか、

それは自分自身が決めること。

他人は常に観ている「あなたの善悪」「あなたの仁徳」を。

また、自分も観ている「他人の善悪」「他人の仁徳」を。

IMG_1797.JPG
posted by 純庵 at 05:46| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。