2017年01月28日

御縁 

御縁 

人生には多くの人たちと出会い、また別離もある。

出会いも御縁、別離も御縁。

別離、別れたり離れたりする人生の一場面。

人間、出会いの時よりも別離の時に人徳が観える。

徳に欠ける人は別離した人間の悪口を平気で言いふらす。

少なからず御縁があった人の悪口は、

言うべきではない。

人間の別離はそれぞれの都合や勝手もあるだろうが、

口にするかしないかはその人間の人格にもよる。

腹の立つことや恨みもあるだろう。

心で思うことは自由であり、本人の心一つ。

しかし、それを口に出すことは自分の人格を表現するになる。

周囲の人間が聞いて、対象になった人物よりも、

悪口言っている人間の心と人格をよく観ている。

日々、余計なことは言わないこと。

025.jpg
posted by 純庵 at 05:05| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: