2017年03月12日

枯れる 

枯れる 

樹木は花が咲き、実を結び、やがて枯れる。

ただ、枯れることは樹木の失敗ではない。

生きる為の過程である。

人間も然り、失敗と思いあきらめるか、

次への成長と思うかは、自分自身の心次第。

自分で気付く人間、学んで気付く人間。

どちらにしても心に修めた人間は更なる道を、

歩むことが出来、悩みや不安は少なくなる。

それでも人生多々の悩みや不安は起きる。

その時、心の対処法を知っていれば安心。

心の不安や悩みは「智」があれば、

他人へ悪影響を及ぼさない。

仁徳の欠如は自分の不安や悩みを、

解決せず鬱憤として蓄積し、他人に迷惑を掛けてしまう。

悩みや不安は結論ではなく、成長への過程。

樹木が育つが如く、晴天雨天、満開、そして散りゆく、

人生も同じように変化し、最期を迎える。

生きている間に花を咲かすには、枯れる、散るは必要。

いつも満開の花はない。

生きる為に必要な「散る」「枯れる」。

***************************
 円 純庵著「天命」  第二回 出版記念講演  
 「自分の人生を生きる」「何が自分を苦しめるのか」
 日時  3月25日 土曜日 午後2時〜4時  
 会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所
 詳細は日本心学院 
 https://www.facebook.com/nihonshingakuin
 
 心学者 円 純庵 著「天命」全国書店にて発売中! 
 アマゾンにても発売中 1400円税別(1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910

 電子書籍「天命」きずな出版 1200円税込 PHP研究所 

20150507_003528000_iOS.jpg
【関連する記事】
posted by 純庵 at 05:02| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: