2017年03月15日

理解 

心学「理解」

自分のことを他人や世間は理解してくれない。

そのような愚痴は数多く聞く。

自分以外の人間を理解出来ないのは当たり前。

理解とは「理を解る」こと。

理は真であり、奥の深い真でもある。

頭で理解するには時間が掛る。

ただ、時がその真理を表すことが多い。

心に蒔いた種を見せることは不可能。

その種が育ち、やがて現実になった時点で、

その人間の真理が観える。

心に忠実、誠実に生き、心の思いを実現化する。

そこに他人から観た自分自身が思う真理はある。

自分自身を理解してもらうなら、

その質量に合わせた時間を要する。

「理解しない」「理解してくれない」と愚痴を言わず、

時間を掛けて自分自身を理解してもらう。

周囲も現実的でなければ理解し難い。

愚痴や不満もたまには良いが、

それが癖になれば、自分の心に蓋をするようなもの。

水を掛けても心が育つはずはない。

***************************
 円 純庵著「天命」  第二回 出版記念 心学講演  
 「自分の人生を生きる」「何が自分を苦しめるのか」
 日時  3月25日 土曜日 午後2時〜4時  
 会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所
 詳細は日本心学院 
 https://www.facebook.com/nihonshingakuin
 
 心学者 円 純庵 著「天命」全国書店にて発売中! 
 アマゾンにても発売中 1400円税別(1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4907072910

 電子書籍「天命」きずな出版 1200円税込 PHP研究所  

DSCF3440.JPG
posted by 純庵 at 03:51| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: