2017年07月30日

仁 

心学「仁」

仁は死語に近い言葉となっている。

しかし、人間関係の中で最も高徳な心である。

人を思いやる心、人を慈しむ心、人を差別しない心、

人を争わない心、人に嫌な思いをさせない心など。

幅広い慈愛の相である。

この「仁」の心を教えるか否かで教育が変わる。

家庭での仁徳教育、学校での仁徳教育、社会での仁徳教育、

企業での仁徳教育、仁徳教育こそ人間教育の原点である。

当然、それを教える立場の人間が「仁徳」を修める必要がある。

教育は「人に教えて育てる」こと。

教える為にも、その立場にある人間は学問を修めること。

まず、仁の基本である「恕」を修め、

「自分がされて嫌なことは 人にしてはならない」を実践する。

古い教育と言う人ほど、教育の原点を修めていない。

***************************
第六回 「心学」講座 「心と根性」と「心を語る」とは

根性の「根」と「性」は? どうすれば根性は強くなる。

参加者の心を語る会を今回から設けました。

日時 8月26日 土曜日 午後2時〜4時  受付1時45分 

会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所 会費 3000円

詳細は心学「イベント」まで。
https://www.facebook.com/shingaku001/

仁 (22).jpg
posted by 純庵 at 05:05| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: