2017年12月24日

弓矢 

心学「弓矢」

的に当たらない矢、

その時に的の所為にするのか、矢の所為にするのか、

弓の所為にするのか、自分自身の力不足なのか。

これで心の質量が分かる。

的は動くことはない、弓矢はいつもと同じ。

ならば、自分自身の心身に原因がある。

人に求めないとは、まさにこの弓矢と同じ。

心身を研ぎ澄まし、矢を射れば当たる確率は上がる。

人生における目標という的も同じ。

自分自身の心を研ぎ澄まし、

日々の自省を忘れずに、充分なる心の力を蓄え、

何を目標としているのか、その時間と距離を測る。

射という武芸が好まれたのは、これが基になっている。

人を射抜く弓矢ではなく、心の乱れを射抜く弓矢である。

********************************
心学関係のブログ・Facebook  純庵メルマガ「心の学問所」1月から

心学ブログ  http://wanokuni-singaku.seesaa.net
アメブロ   http://ameblo.jp/wanokuni001
心学の集い  http://www.facebook.com/groups/shingakunotudoi/ 

a125-1.jpg
posted by 純庵 at 03:43| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。