2017年12月25日

いじめ

心学「いじめ」 心の学問所より

普段、友人をいじめていた人間が、

今度は新しい環境でいじめられる立場になった。

これまで優位に立っていた自分自身が、

下位になり、しつこくいじめられ、心に病を生じ始めた。

悩んでも、仕返ししても、自分へのいじめは続く。

その時やっとわかった「いじめられる人間の心」が。

心弱い人間、仁の心が欠けていた人間、劣等感の強い人間、

いじめの悪心が起き易い環境がある。

それを防ぐのが学問教育である。

学問とは学識や学歴や専門知識ではなく、

本来、聖賢の心を学び、

自分自身の徳性を高めることであった。

いじめ社会が教える「人間として学ぶべき心」を、

これから広めなければならないだろう。

********************************
心学関係のブログ・Facebook  純庵メルマガ「心の学問所」1月から

心学ブログ  http://wanokuni-singaku.seesaa.net
アメブロ   http://ameblo.jp/wanokuni001
心学の集い  http://www.facebook.com/groups/shingakunotudoi/ 

sakka_indra.jpg
posted by 純庵 at 03:50| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。