2017年11月22日

脇役 

心学「脇役」

人生劇場には自分自身という主人公と、

脇役の人間が出て来る。

脇役には善役と悪役があり、

時に応じて登場して来る。

それぞれ自分にとって必要な脇役であるが、

人間は善役を好み、悪役を嫌う。

天地自然の万法は陰陽それぞれ半々。

善役、悪役は半々に登場するが、

全ては自分自身が成長する為に登場して来る。

強いて言えば、悪役に「打たれ強く」なって成長する。

悪役から学ぶ「智慧」を修めたいものである。

他人は自分の脇役、

自分自身も他人の脇役。

互いに人生劇場を盛り上げて、人生の思い出にしている。

********************************
心学に関しての講座やイベントは「日本心学協会」Facebookへ
       http://www.facebook.com/nihonshingakuin/
11月25日土曜日 心学講座「悪口を言わない心の強さ」 東京 神楽坂       

心学関係のブログ・Facebook
心学ブログ  http://wanokuni-singaku.seesaa.net
アメブロ   http://ameblo.jp/wanokuni001
心学の集い  https://www.facebook.com/groups/shingakunotudoi/ 

IMG_8288.JPG
posted by 純庵 at 03:29| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

謙虚 

心学「謙虚」

余計な言動を行うことなく、常に謙虚でありたい。

賢く有徳であっても僻みや妬みは多い。

それに対して反発すれば、自分の徳は欠けてしまう。

人間性を観られる時である。

真の賢徳は如何なる妬みや僻みがあっても、

心は揺るぎのない状態を持つことである。

耐えるのではなく、相手を仁の心を以って慈しみ、

心を円やかにすることである。

円やかとは心に角を立てず、角を磨き、常に円満であること。

ただし、角を立てないことは、

これまでの艱難辛苦を砥石にして、心を円くする修養。

初めから円相なら問題はないが、

なかなか自分自身を磨くことは実践し難い。

それが人生の修養であり、修徳である。

********************************
心学に関しての講座やイベントは「日本心学協会」Facebookへ
       http://www.facebook.com/nihonshingakuin/
11月25日土曜日 心学講座「悪口を言わない心の強さ」 東京 神楽坂       

心学関係のブログ・Facebook
心学ブログ  http://wanokuni-singaku.seesaa.net
アメブロ   http://ameblo.jp/wanokuni001
心学の集い  https://www.facebook.com/groups/shingakunotudoi/ 

611072790.jpg
posted by 純庵 at 04:56| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

美 

心学「美」

外見の美には気と金銭を使うが、

心の美には無頓着である。

外見の美は光によって成り立つ。

もし、この世に光がなければ外見の美は有り得ない。

と云っても、誰しも美には願望や執着はある。

外見と同様に心の美にも気と金銭を使おう。

仁の心を以って他人を思いやる心の美、

常に控えめにして余計なことを言わない心の美、

他人の悪口や誹謗中傷や悪い噂を流さない心の美、

自分自身の言動に気を配り、

聖賢の書を紐解き、自分自身の仁徳を修める。

外見の美は時と共に衰えるが、

心の美は衰えることはない。

それどころか学べば学ぶほど心の美しさは増す。

********************************
心学に関しての講座やイベントは「日本心学協会」Facebookへ
       http://www.facebook.com/nihonshingakuin/
11月25日土曜日 心学講座「悪口を言わない心の強さ」 東京 神楽坂       

心学関係のブログ・Facebook
心学ブログ  http://wanokuni-singaku.seesaa.net
アメブロ   http://ameblo.jp/wanokuni001
心学の集い  https://www.facebook.com/groups/shingakunotudoi/ 

IMG_4129.JPG
posted by 純庵 at 04:03| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする