2017年06月14日

善悪 

心学「善悪」

善悪の判断は各個人で行うものである。

ただ、絶対悪はその限りではない。

殺人は絶対悪であるが、戦争は相対的悪の場合もある。

負ければ悪になり、勝てば善になる。

平和の為に武器を作り、平和の為に侵略する。

そのような矛盾した善悪が罷り通る社会に仁徳はない。

仁政や徳政は理想の言葉かもしれないが、

それらを志す政治家や公務員は少ない。

人間教育の原点は「仁徳」である。

国の仁徳は各自の仁徳から始まる。

各自の仁徳はその家庭における教育から創られる。

大いに学びたい「仁徳」の心。

身内や知人が殺されて「善」と思う人間はいない。

教育の原点である家庭、その為にも親自身の学びが必要。

*********************
心学講座 神楽坂学問所 6月17日14時 開催 

詳細は日本心学院
https://www.facebook.com/nihonshingakuin

心学ブログ http://wanokuni-singaku.seesaa.net/

アメブロ  http://ameblo.jp/wanokuni001/ 

4c87d747c8683.png
posted by 純庵 at 04:52| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

修行 

心学「修行」

修行とは「修養を行なう」こと。

修養とは「心を養い、心を修める」こと。

修めるとは「心に仁徳を積む」を意味する。

仁は最高徳目であり、人間関係の基本である。

相手を思いやる心、相手を慈しむ心、

相手に嫌な思いをさせない心。

常に仁の心を修め、自分自身の心を軽くする。

嫌な事があっても、心の器を大きくして、

愚痴や不平不満を言わず、

すべての事象を心の栄養とする。

難しいと言わず、一歩前に歩む。

仁の道は一歩一歩進めば良い。

修行は決して厳しいものではなく、

普段の修養にあり、日々の心である。

*********************

心学講座 神楽坂学問所 6月17日14時 開催 

詳細は日本心学院
https://www.facebook.com/nihonshingakuin

心学ブログ http://wanokuni-singaku.seesaa.net/

アメブロ  http://ameblo.jp/wanokuni001/ 

IMG_6561.JPG
posted by 純庵 at 05:58| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

不幸 

心学「不幸」

自分の不幸を嘆く人間は多い。

しかし、他人の不幸を嘆く人間は少ない。

それどころか、他人の不幸を喜ぶ人間も居る。

人間、多かれ少なかれ不幸を味わう。

ここで自分自身の人徳が観える。

他人の不幸は蜜の味と云う悪言がある。

しかし、それを感じ喜ぶ人間は、

恕の心が欠ける。

自分の不幸を他人が喜び、周囲に吹聴されていたら、

自分自身も喜ぶだろうか。

自分がされて嫌なことは、他人にしてはいけない。

これが恕(じょ)の心であり、仁の基本言動である。

自分の心は自分でなければわからないが、

他人は自分の言動に徳性を観ることは出来る。

*********************
心学講座 神楽坂学問所 6月17日14時 開催 

詳細は日本心学院
https://www.facebook.com/nihonshingakuin

心学ブログ http://wanokuni-singaku.seesaa.net/

アメブロ  http://ameblo.jp/wanokuni001/ 

IMG_0379.JPG
posted by 純庵 at 04:24| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする