2017年08月11日

頑固 

心学「頑固」

あまり頑固にこだわると「心が固く」なる。

主義主張を通すことは大切であるが、

多くの意見や方法を受け取る柔軟さも必要。

頑固の固は「古い」字がある通りに固くなる。

あまり固く成り過ぎると、物事を吸収出来ない。

何事もほどほど剛柔を持つことが良い。

まさに竹のように、中は無心無欲、

節がある為に折れ難い。

折れ難いがしなやかでもある。

植物の生態系は、人生に多くのことを教えてくれる。

その中でも竹は筆頭であろう。

竹は樹木に見えるが、草の仲間「イネ科」。

独り立ちして見えるが、地下茎でつながった組織の一員。

人間、組織、社会の見本的存在である。

***************************
第六回 「心学」講座 「心と根性」と「心を語る」とは

根性の「根」と「性」は? どうすれば根性は強くなる。

参加者の心を語る会を今回から設けました。

日時 8月26日 土曜日 午後2時〜4時  受付1時45分 

会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所 会費 3000円

詳細は心学「イベント」まで。
https://www.facebook.com/shingaku001/

DSCF2776.JPG
posted by 純庵 at 05:05| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

心 

心学「心」

心は無形。

形ないものが形あるものを創る。

自分自身の人生は無形の心が創っている。

普段、心で思っていることが、

現実の生活で具象化する。

目の前に広がる現実は、

心から始まり、心で成長し、人生を創る。

何もない無形の心が自分自身を創り、

喜楽や辛苦を現実化している。

現実を変えるなら、まずは心で思うことを変える。

心は縦横無尽に変化する。

形なき心こそ、自分が普段から把握して、

自分なりの心を創る心である。

思うことの現実化は「心の種」から始まる。

***************************
第六回 「心学」講座 「心と根性」と「心を語る」とは

根性の「根」と「性」は? どうすれば根性は強くなる。

参加者の心を語る会を今回から設けました。

日時 8月26日 土曜日 午後2時〜4時  受付1時45分 

会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所 会費 3000円

詳細は心学「イベント」まで。
https://www.facebook.com/shingaku001/

21CDF06B-23D3-4955-A1E2-F3B3A37F7B71.jpg
posted by 純庵 at 05:13| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

余計な一言 

心学「余計な一言」

余計な一言で仕事や信用をなくす人間がいる。

言わなくとも良いことを、

軽い口で話してしまう。

一種の自己満足かもしれないが、

周囲から観れば余計な一言に感じる。

会話の最後は特に注意すべきである。

その時点で自分を表現せず、

出来る限り謙虚で済ます。

しかし、余計な一言は心の奥底にある真意かもしれない。

普段、心に思うことは奥底にあっても、

質量が軽い為に浮いて来やすい。

心にある会話の在庫を普段から確認して、

余計な事を消去して、

言葉に栄養ある事を常に考えよう。

***************************
第六回 「心学」講座 「心と根性」と「心を語る」とは

根性の「根」と「性」は? どうすれば根性は強くなる。

参加者の心を語る会を今回から設けました。

日時 8月26日 土曜日 午後2時〜4時  受付1時45分 

会場  きずな出版 2F 神楽坂学問所 会費 3000円

詳細は心学「イベント」まで。
https://www.facebook.com/shingaku001/

IMG_8249.JPG
posted by 純庵 at 05:23| Comment(0) | 道徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする